印刷 2021年09月22日デイリー版1面

川重・トヨタ、豪州産褐炭 水素、自動車燃料に使用。海外調達で連携強化

 川崎重工業とトヨタ自動車は水素の海外調達の一環として、川崎重工が建造した世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」が豪州から日本まで運んできた褐炭由来の水素を、2022年のスーパー耐久レースで水素エンジン車に使用することを検討している。トヨタの豊田章男社長は18日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で会見し「水素エンジン車のレース参戦をきっかけに、地熱発電や褐炭など水素供給・利用の選択肢が広がっ… 続きはログインしてください。

残り:855文字/全文:1053文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む