印刷 2021年09月22日デイリー版1面

日本郵船、炭素クレジット事業参画。原生林再生、豪企業に16%出資

 日本郵船は21日、豪州で原生林再生を通じたCO2(二酸化炭素)吸収とカーボンクレジット販売を手掛けるオーストラリアン・インテグレーテッド・カーボン(AIC)に出資参画すると発表した。出資額は非公表で、出資比率は実質16%。カーボンクレジット創出ビジネスの経験とノウハウを獲得し、世界の船舶のGHG(温室効果ガス)排出ネットゼロ化を支援することで、ESG(環境・社会・企業統治)経営の具現化を図る。… 続きはログインしてください。

残り:508文字/全文:699文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む