印刷 2021年09月22日デイリー版2面

三井E&Sマシナリー、造波装置を受注。防災実験用で

 三井E&Sマシナリーは21日、国土交通省国土技術政策総合研究所(茨城県つくば市)から、防災実験用多方向造波装置(水理実験設備)を受注したと発表した。 同社は制御・ソフトウエア技術革新により複雑・激甚化する自然災害のメカニズムを解明し、防災・減災に向けたトータルソリューションサービスを提供。稼働中の設備のリニューアル、機能向上、ネットワークを用いた実験運用の自動化・遠隔監視などに対応するほか… 続きはログインしてください。

残り:451文字/全文:645文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む