印刷 2021年09月22日デイリー版3面

関西フォワーダー、上海出し「今が最悪」

 【関西】台風14号が中国大陸に接近し海運や航空貨物輸送に影響を与えたことで、関西のフォワーダーからは中国華東・上海出しコンテナ貨物の現状について「今が最悪」との声が生じている。スケジュール遅延の悪化に加え、海上運賃のより一層の上昇やスペース不足が重なり、状況が悪化していることを危惧する。関係者は台風による滞船悪化が本船の回転率を引き下げ、一航海当たりの貨物集中を招いていると指摘する。結果的… 続きはログインしてください。

残り:348文字/全文:545文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む