印刷 2021年09月21日デイリー版3面

日立物流、AIフォーク共同実験。イオンG・花王など4社と、トラック運行連携

AI搭載の自動運転フォークリフトを積み降ろしに活用
AI搭載の自動運転フォークリフトを積み降ろしに活用

 日立物流は17日、イオングローバルSCM、花王、大和ハウス工業、豊田自動織機と共同で、物流施設でAI(人工知能)搭載の自動運転フォークリフトなどを活用し、トラックの積み降ろし・入出荷作業を自動化し、トラックの運行と連携させる実証実験を始めると発表した。9月から2023年度まで実験を行い、施設内の省人化と発着荷主間で連携した輸送の効率化を図る。トラックの待機時間の短縮、エネルギー消費の削減にもつなげる。

 資源エネルギー庁が公募した「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業」に採択され、16日に補助金の交付が決まった。

 5社はトラックの積み降ろしを自動化するため、AIフォークリフトの実用化を目指す。加えて、発荷主の花王、着荷主のイオングローバルSCM、輸送事業者の日立物流が共通システムでデータ連携し、施設の入出荷に合わせて計画的・効率的にトラックを運行できるようにする。大和ハウスは共通システムの開発、豊田自動織機は技術協力を行う。

 今年度は積み降ろしの自動化技術の確立を進め、共通システムの開発にも着手する。

 来年度は共通システムにより、積み降ろしとトラック運行計画の連携に取り組む。作業の自動化も拡大し、AIフォークリフトの前後の工程にパレタイジングロボットを活用する。積み降ろしには、車体と荷台の分離中に荷役作業ができるスワップボディーコンテナを使用する。

 23年度にはAIフォークリフトを活用した効率化、省エネ技術の普及に向け、実証や検討を進める。

 物流業界ではエネルギー消費の削減、ドライバーやフォークリフト運転者などの不足が大きな課題になっている。5社は作業の自動化と事業者間の連携によるサプライチェーン全体の効率化により、課題解決に取り組む。