印刷 2021年09月21日デイリー版1面

海外船社、タンカーS&LB打診。市況低迷下でキャッシュ確保

 一部の海外タンカー専業船社が、保有船を日本船主に売却し再用船する「セールス&リースバック」(S&LB)を打診しようとしている。タンカー市況の低迷が続く中、タンカー専業船主はキャッシュ確保や財務改善を目的に、プロダクト船やケミカル船のS&LBを志向。買い手の日本船主側に比較的有利な条件での交渉が見込める半面、市況低迷が長期化した場合、海外船社側の収益悪化リスクも存在することから、日本船主や地銀は慎… 続きはログインしてください。

残り:578文字/全文:776文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む