印刷 2021年09月17日デイリー版3面

横浜市港湾局、東京オリパラ物流対策を総括。はしけ利用4000TEU超

 横浜市港湾局は15日、東京五輪・パラリンピックの開催に伴う横浜港の物流対策の結果を発表した。東京港や都内の交通混雑の緩和を目的とした、横浜と東京、千葉を結ぶはしけ(コンテナバージ)輸送の支援では、7月1日から8月14日の期間中4029TEU(速報値、実入り1940TEU、空2089TEU)が輸送されたことなどを明らかにした。物流対策の結果の取りまとめは同日、港湾局から横浜港物流対策会議の参… 続きはログインしてください。

残り:554文字/全文:747文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む