印刷 2021年09月17日デイリー版1面

サムスン重工、年初来受注60隻 78億ドルに。成約拡大も合理化推進

 韓国造船大手のサムスン重工業は、新造船受注を伸ばしている。足元では、コンテナ船6隻を追加。これにより、年初来受注実績は60隻・78億ドルに達した。今年の受注高目標91億ドルの86%をカバーした格好になる。成約が堅調な一方で、業績では苦戦が続いており、さらに合理化を進める。直近では、ブロック製造などを手掛ける中国工場の一部閉鎖を決めた模様。サムスン重工は16日、コンテナ船6隻を受注したことを… 続きはログインしてください。

残り:646文字/全文:843文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む