印刷 2021年09月16日デイリー版2面

八戸沖座礁事故】船尾部の油抜き取り開始。10月初旬完了見込む

 八戸市(青森県)沖で8月中旬に発生したチップ船「Crimson Polaris」の座礁・燃料油流出事故で、同船の船舶管理を担う美須賀海運は14日、船体船尾部の燃料油抜き取り作業を開始した。初日はタンクから海水を含む燃料油40キロリットルを回収した。作業期間は5日を見込んでいるが、今後の海象・気象の影響を考慮して10月初旬の作業完了を予定している。15日午前も船尾部の残油抜き取り作業を行って… 続きはログインしてください。

残り:174文字/全文:344文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む