印刷 2021年09月15日デイリー版2面

センブコープ・マリン。FPSO基本設計受注。豪沖ドラド向け22年完了

 掘削設備(リグ)、オフショア支援船建造などを手掛けるシンガポールのセンブコープ・マリンは10日、子会社を通じてシャトルタンカー大手のアルテラ・インフラストラクチャーから、西豪州沖合で石油・ガスを開発する「ドラド・プロジェクト」に設置予定のFPSO(浮体式石油生産・貯蔵・積み出し設備)のFEED(基本設計)業務を受注したと発表した。2022年4―6月期までの完了を予定する。センブコープがFP… 続きはログインしてください。

残り:180文字/全文:354文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む