印刷 2021年09月15日デイリー版3面

首都東京みなと創り研究会、「選ばれる港」へ提言。ストックヤード恒久化など

 東京港関係者でつくるNPO法人「首都東京みなと創り研究会」は13日、「東京港の目指すべき姿と取るべき施策」とする提言を古谷ひろみ東京都港湾局長に提出した。荷主や船社などから「選ばれる港」を目指すべきとし、青海公共コンテナターミナル(CT)直背後にある青海流通センターの移転によるヤード拡張や、大井・中央防波堤外側地区でのストックヤード(オンシャーシコンテナの一時留置場)の恒久化などの施策を示した。… 続きはログインしてください。

残り:707文字/全文:903文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む