印刷 2021年09月15日デイリー版1面

マースク、バンクーバーに物流施設を開設。CPRと共同で

 マースクは10日、カナダ太平洋鉄道(CPR)と共同で建設していたカナダ・バンクーバーの大型物流施設が完成し、開業したと発表した。同施設はCPRのインターモーダル施設内に立地し、海上コンテナをトランスロード(積み替え)する機能を持つ。マースクでは新施設の稼働により、北米でのロジスティクスサービス事業をさらに加速させていく。マースクがCPRと共同で開設した物流施設の延べ床面積は約1万1000平… 続きはログインしてください。

残り:363文字/全文:556文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む