印刷 2021年09月15日デイリー版5面

旭運輸、物流支える女性フォアマン。取扱量日本一・名古屋港。内山さん「女性初の現場で働くことを目標に」、村里さん「モノを動かすダイナミックさにやりがい」

 中部に集積するものづくり産業を支える名古屋港。港湾の現場で働く一人一人が、19年連続で総取扱貨物量日本一のこの港を支えている。その中でも本船荷役のプランを組み、荷役作業を指揮監督する重要な役割を担うのがフォアマンだ。名古屋港でコンテナ船・自動車船のフォアマンとして働く2人の女性を紹介する。飛島埠頭東側、NCBターミナルで働く旭運輸の内山しいなさん。タイ・ベトナム航路のコンテナ船を担当する。… 続きはログインしてください。

残り:1273文字/全文:1470文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む