印刷 2021年09月14日デイリー版3面

東京港、大井車両待機場運用方法を変更。10月から

 東京都港湾局と東京港埠頭会社、ダイトーコーポレーションは10日、大井車両待機場の運用方法を10月1日から変更すると発表した。大井北部陸橋工事終了に伴うもので、現在使用している車両待機場A・Bのうち、待機場Aだけを大井1・2号の実入り搬出・空搬出入に活用。待機場Bの今後の運用方法については別途案内するとしている。今回待機場での並び方も変更となるが、待機場からの出庫時間など、その他運用ルールは… 続きはログインしてください。

残り:105文字/全文:210文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む