印刷 2021年09月14日デイリー版1面

新型コロナ】自動車船、減産長期化を危惧。収支改善に水差す恐れ

 海運会社の自動車船関係者が、自動車メーカーの減産が長引くことを危惧している。新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからず、部品不足による減産が11月以降も続けば、自動車船事業の収支改善に水を差す恐れがあるためだ。新型コロナ感染拡大の長期化による東南アジアの部品工場の稼働率低下や半導体の逼迫(ひっぱく)を受けた自動車メーカーの減産の影響について、海運関係者は「予想以上に大きくなっている」と語る。… 続きはログインしてください。

残り:558文字/全文:755文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む