印刷 2021年09月13日デイリー版3面

神戸市・阪神国際港湾、日本海側港との国際フィーダー試験、井本商運に委託。海外TSから転換検証

 【関西】神戸市と阪神国際港湾会社は10日、先に募集していた「国際フィーダー航路拡充トライアル事業」の委託事業者を井本商運(本社・神戸市、井本隆之社長)に決定したと発表した。日本海側の港湾から海外にトランシップ(積み替え)されている貨物や、神戸港に陸上輸送されている貨物について、内航コンテナフィーダー航路に転換の上、神戸港経由で輸出入できるかどうか検証する。併せて新規貨物獲得にもつなげる考え。… 続きはログインしてください。

残り:514文字/全文:708文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む