印刷 2021年09月13日デイリー版2面

IBF、賃金改定交渉 21年据え置き。22―23年増へ

 便宜置籍(FOC)船に乗り組む外国人船員の賃金などの労働協約を交渉する国際団体交渉協議会(IBF)の賃金改定中央交渉が1―3日に開かれ、2021年は現行水準を据え置いたが、22年1月に前年比3%増、23年1月に同1・5%増とする内容で大筋合意した。これを受け、国際船員中央労使はそれぞれ協議し、8日までに最終合意に至った。IBFの中央交渉は昨年3月に開き、21―22年の賃金交渉を行う予定だっ… 続きはログインしてください。

残り:471文字/全文:664文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む