印刷 2021年09月10日デイリー版4面

8月航空混載】郵船ロジ、輸出重量73%増。前月比で欧州・アジア減

 郵船ロジスティクスの8月の日本発輸出航空混載重量は、前年同月比73%増の1万2016トンと9カ月連続で増加した。前月比では米州向けが増加したが、欧州、アジア向けはマイナス。このうちアジアは、中国政府による防疫強化措置の影響により中国と香港が大幅減となった。方面別で見ると、TC1(米州)が前年同月比66%増の2176トン、TC2(欧州)が2倍の1633トン、TC3(アジア)が70%増の820… 続きはログインしてください。

残り:384文字/全文:575文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む