印刷 2021年09月09日デイリー版1面

コンテナ係船、低水準続く。用船料は高騰、20万ドル成約も

 仏調査会社アルファライナーがまとめた8月30日時点の世界のコンテナ待機船(係船)は、175隻・66万5018TEUだった。2週間前の8月16日は177隻・65万3031TEUだったため、ほぼ横ばい。活発な荷動きが続いており、待機船の規模はしばらく低水準で推移する可能性が高い。一方で用船料は高騰を続けており、船型は不明ながら、日建て20万ドルという極端な水準での成約も出たようだ。8月30日時… 続きはログインしてください。

残り:402文字/全文:597文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む