印刷 2021年09月09日デイリー版1面

新型コロナ】日本人船員、寄港地接種OK。国、荷主・自治体に協力要請

 国土交通省と厚生労働省は6日付で、外内航船で働く日本人船員への新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の円滑化に向け「船員の住所地以外の寄港地での接種も可能」と接種の実施主体である各地方自治体に周知した。船員は長期連続乗船・連続休暇(内航貨物船は3カ月勤務・1カ月休暇が主流)という特殊な就労パターンを取るケースも多く、休暇中に2回分の接種予約完了が難しい実態を踏まえて対応した。国交省は主要荷主団体… 続きはログインしてください。

残り:1068文字/全文:1266文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む