印刷 2021年09月09日デイリー版3面

8月航空混載】西鉄、輸出9カ月連続増。自動車 前月比は鈍化

 西日本鉄道国際物流事業本部の8月の日本発航空輸出混載重量は、前年同月比65%増の5068トンと9カ月連続で増加した。前月比はお盆休みによる稼働日減や自動車関連の荷動き鈍化で物量が減少した。方面別で見ると、TC1(米州)が前年同月比67%増の740トン、TC2(欧州)が38%増の519トン、TC3(アジア)が69%増の3808トン。TC1の増加は12カ月連続。米中西部が3・3倍、米西部… 続きはログインしてください。

残り:365文字/全文:553文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む