印刷 2021年09月09日デイリー版3面

8月航空混載】日通、輸出重量53%プラス。前月比は全方面マイナス

 日本通運の8月の日本発輸出航空混載重量は、前年同月比53%増の2万1551トンと12カ月連続で増加した。お盆休みによる稼働日減により、前月比は全方面がマイナス。中国の空港における新型コロナウイルスの防疫強化措置も影響した。方面別ではTC1(米州)が前年同月比2・5倍、TC2(欧州)が6割増、TC3(アジア)が3割増。TC1の増加は11カ月連続。米中西部が2・7倍、米南部が4・4倍、米… 続きはログインしてください。

残り:377文字/全文:565文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む