内航海運×SDGs -人のサステナビリティー スーパーバナー
 印刷 2021年07月26日デイリー版2面

三井E&S造船、最終船引き渡し。新業態へのスタート

 三井E&Sホールディングス(HD)傘下の三井E&S造船は21日、同社最後の建造船となる6万6000重量トン型バルカー「JAL KALPATARU」(三井第1967番船)を玉野艦船工場(岡山県玉野市)で船主に引き渡した。同工場は商船建造を終了し、10月からは三菱重工業の艦艇・官公庁船ヤードとして再スタートを切る。1917年に旧三井物産造船部として玉野で創業した三井E&S造船は、自社で造船所を持たな… 続きはログインしてください。

残り:297文字/全文:491文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む