内航海運×SDGs -人のサステナビリティー スーパーバナー
 印刷 2021年07月26日デイリー版2面

新日本海洋社、タグボート「渚」京浜ドックで進水。4000馬力型

 新日本海洋社(本社・横浜市西区、吉田芳之社長)は21日、船籍を横浜港とする4000馬力型タグボート=写真=の進水式を京浜ドック(同・横浜市神奈川区、小澤敏也社長)の追浜工場で行った。式典では新日本海洋社の青木亮執行役員が「渚(なぎさ)」と命名した後、関係者が見守る中、同社の大塚直子取締役が支綱を切断した。本船は毎分6000リットルの泡水兼用消防ノズルと2000キログラムの粉末消防装置… 続きはログインしてください。

残り:246文字/全文:434文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む