内航海運×SDGs -人のサステナビリティー スーパーバナー
 印刷 2021年07月26日デイリー版3面

北米東航1―6月、日本発8%増29万TEU。韓国TSが全体の2割弱

 米デカルト・データマインが米国税関統計を基にまとめた、日本発米国向け(北米東航)の1―6月荷動きは、荷受地ベースで前年同期比8%増の29万6254TEUだった。うち日本での本船積み分は5%増の21万1450TEU、アジアでのトランシップ(TS、積み替え)分は16%増の8万4804TEUだった。アジアTS分では、韓国TSが21%増の5万7376TEUで、全体の19%を占めた。アジア域内からの… 続きはログインしてください。

残り:506文字/全文:699文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む