内航海運×SDGs -人のサステナビリティー スーパーバナー
 印刷 2021年07月26日デイリー版3面

三菱商事ロジ、船腹予約の新PF稼働。貨物動静確認まで一元管理

 三菱商事ロジスティクス(MCロジ、岩井孝介社長)は21日、コンテナ船社の協力を得て、次世代船腹予約プラットフォーム(PF)「e―Fowarding」を今月から稼働させたと発表した。米IT企業トレードテックの日本法人と共同で、同社の手掛けるアプリケーションの機能を拡張した。荷主、NVOCC(海上利用運送事業者)、コンテナ船社の3階層のデータ連携を実現し、船腹予約から貨物動静確認までの一連の業務を、… 続きはログインしてください。

残り:582文字/全文:776文字
無料登録して全文を読む  ログインして全文を読む