印刷 2021年07月22日別版特集6面

海の日特集・コンテナ物流・港湾編】主要各社の戦略:顧客のSCの変化捉える。従来とは異なる荷主にアプローチ

 昨年からのコロナ禍を背景に、国際物流事業者を取り巻く環境は激変した。海上輸送では、2020年度上半期こそ物量が落ち込んだものの、中国の経済活動再開、欧米の巣ごもり需要拡大などを受け、年度後半には状況が一変。北米航路の未曽有の活況など、荷動きはコロナ禍前をしのぐ水準に達した。これにより、コンテナ船のスペース以上、コンテナ自体の不足が顕著になり、21年1―3月は新規ブッキングを停止する船社も相次いだ… 続きはログインしてください。

残り:1515文字/全文:1715文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む