ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年06月30日デイリー版2面

ネオライン、風力推進船ヤード選定。24年就航めざす

 仏船社ネオラインはこのほど、風力推進RORO船建造ヤードを選定する国際入札の結果、同国造船所ネオポリア・モビリティとLOI(発注内示)を交わしたと発表した。同プロジェクトは2024年前半の就航を目標に、今夏に建造を開始することを目指しており、現在、資金調達の段階に入っている。ネオラインは全長136メートル、帆面積4200平方メートル、5000重量トンの風力推進RORO船2隻を使用し、カナダ… 続きはログインしてください。

残り:342文字/全文:537文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む