ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年06月30日デイリー版2面

ウィズダム、カムサ3隻を発注へ。EEDI3対応、常石舟山で建造

 台湾船主のウィズダムマリングループ(慧洋海運)は25日、EEDI(エネルギー効率設計指標)フェーズ3に対応した8万2400重量トン型カムサマックスバルカー3隻の購入を取締役会で承認したと発表した。常石造船グループの中国拠点である常石集団(舟山)造船(TZS)で建造する。1隻当たりの船価は3400万ドル(約37億円)以下としており、納期は明らかにしていない。ウィズダムは今年、コロナ禍による事… 続きはログインしてください。

残り:402文字/全文:589文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む