内航海運×SDGs -人のサステナビリティー スーパーバナー
 印刷 2021年06月22日デイリー版3面

通関士の在宅勤務、関税局 要件緩和。コロナ後も継続可能に

 財務省関税局は来月1日、通関士の在宅勤務などに関する通達を見直す。特別措置として新型コロナウイルス下で実施している在宅勤務の要件緩和に基づいた申請について、通関士がコロナ終息後も在宅勤務を続けられるようにする。これにより在宅勤務について定めた社内管理規定などを提出する必要が無くなる。併せて、同局で必要を認めた場合に限り災害などのBCP(事業継続計画)のために通関業者がサテライトオフィスで業務を行… 続きはログインしてください。

残り:755文字/全文:953文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む