印刷 2021年06月21日デイリー版3面

境港、近郵が試験寄港。RORO船、定航化探る

 鳥取県の境港管理組合は日本海側海上輸送ルートの構築によるモーダルシフトの取り組みとして、近海郵船が運航する敦賀(福井県)―博多間の内航RORO船定期航路で、境港に途中寄港する試験輸送を行う。同組合によると、同航路での境港への途中寄港は初の試みで、境港には今月27日と来月11日に寄港する予定だという。管理組合では、定期航路化に向けた需要の見極めや、課題整理などを行い今年度中に結果を取りまとめる予定… 続きはログインしてください。

残り:508文字/全文:706文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む