印刷 2021年06月21日デイリー版3面

西日本鉄道、福岡に22年 新倉庫。国際貨物、九州発着取り扱い増へ

 西日本鉄道は17日、九州とアジアを結ぶ物流の中枢拠点として、2022年9月に福岡市博多区で「福岡ロジスティクスセンター」(延べ床面積1万1558平方メートル)を開設すると発表した。福岡地区に複数ある倉庫を集約し業務効率化を図るとともに、総面積は従来の約4倍に拡大。半導体・自動車・食品などの旺盛なロジスティクス需要を取り込み、九州発着の国際貨物の取り扱い増を目指す。同センターは国際物流事業本… 続きはログインしてください。

残り:430文字/全文:625文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む