印刷 2021年06月21日デイリー版2面

船整協総会、栗林会長を再任。副会長7人も

 船舶整備共有船主協会(船整協)は17日、東京都内で開いた定時総会と臨時理事会で任期満了に伴う役員改選を行い、栗林宏吉会長(栗林商船社長)を再任した。総会で決定した2021年度の事業計画では鉄道建設・運輸施設整備支援機構の船舶共有建造制度のさらなる充実、改善に係る提案・要請活動などに取り組むことなどを盛り込んだ。役員人事では副会長の田渕訓生氏(田渕海運社長)、岡本信也氏(岡本海運社長)、立田… 続きはログインしてください。

残り:395文字/全文:584文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む