0629webinar_aoki
 印刷 2021年06月18日デイリー版1面

モザンビークLNG、17隻の契約期限延期。9月末で造船所と合意

 モザンビークのLNG(液化天然ガス)プロジェクトのオペレーターを務める仏トタルエナジーズは、同プロジェクト向けLNG船17隻の造船契約について、正式契約の締結期限を9月末まで延期することで韓国造船所と合意した模様。合意内容を基に海運会社とも再び交渉するようだ。トタルは造船所と海運会社を別々に選定した後に双方をマッチングさせる方式で、モザンビーク向けLNG船の調達商談を進めてきた。昨年までに… 続きはログインしてください。

残り:492文字/全文:687文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む