MOLwebinar0702
 印刷 2021年06月14日デイリー版2面

サムスン重、原子力推進船など開発へ。KAERIと共同研究

 韓国造船大手のサムスン重工業は9日、韓国原子力研究院(KAERI)と、海洋MSR(溶融塩炉)の開発と共同研究を実施すると発表した。MSRをベースに、原子力推進船や、浮体式原子力発電プラントなどの開発につなげる。両者は今後、MSRの要素技術や熱交換器など関連資機材の開発、海洋原子力関連製品の設計やビジネスモデルの開発、性能検証・経済性評価などのための共同研究などを進める。MSRは、核燃… 続きはログインしてください。

残り:376文字/全文:566文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む