MOLwebinar0702
 印刷 2021年06月14日デイリー版2面

伊フィンカンティエリ、防衛産業で積極攻勢。アジア・北米で受注進む

 伊造船大手フィンカンティエリの艦艇事業がアジア・北米地域で存在感を高めている。同社は10日、韓国造船大手の大宇造船海洋と韓国初の空母「CVX」の概念設計を支援する契約を締結。インドネシア国防省からは同国海軍向けFREMM(多用途フリゲート)6隻を受注した。米海軍からの新造契約も積み重ねており、揚陸艦や潜水艦など多様な艦艇の建造実績を武器に、欧州域外にも積極的な売り込みを図っている。韓国海軍… 続きはログインしてください。

残り:565文字/全文:760文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む