MOLwebinar0702
 印刷 2021年06月14日デイリー版6面

神戸旅客船協会、航路維持にコロナ支援を。兵庫県に要望書。経営体力「疲弊状態」

 神戸旅客船協会(会長=加藤琢二・ジャンボフェリー会長)は10日、兵庫県に新型コロナウイルス感染症対策に伴う支援を求める要望書を提出した。コロナ禍が続く中、相次ぐ緊急事態宣言で協会員のフェリー・旅客船事業者の経営体力が疲弊しきっていると訴え、航路を維持できる支援を求めた。要望書は「コロナ禍でも国民生活に必要不可欠な公共輸送機関として、また地域間交流や海事・水上観光の担い手として感染症対策を徹… 続きはログインしてください。

残り:391文字/全文:586文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む