MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年06月11日デイリー版1面

日本郵船、LNG燃料化 さらに前進。IGFコードの船員訓練、比国認証取得

 日本郵船のLNG(液化天然ガス)燃料の取り組みがさらに前進した。5月にフィリピンの船員研修所NYKフィルマリタイムEトレーニング・インク(NETI)の提供するIGFコード(国際ガス燃料船安全コード)に関する訓練が、フィリピン海事産業庁(MARINA)の認証を取得した。これにより、フィリピン人船員を船籍の制限なく、LNG燃料船などへ配乗できる環境が整った。岡崎一正執行役員は「IGFコードに基づく危… 続きはログインしてください。

残り:1927文字/全文:2119文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む