MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年06月11日デイリー版2面

新型コロナ】内航総連栗林会長、ワクチン職域接種「難しい」。中小零細事業者 多数

 日本内航海運組合総連合会の栗林宏𠮷会長=写真=は9日夕の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種について「職場などで行う『職域接種』は大企業や大規模学校に向けた取り組みだ。中小零細企業が多い内航海運で行うことが難しい政策」との考えを示した。その上で、「3カ月乗船、1カ月陸上で休暇を取るという船員の就労体制を踏まえ、職域接種、一般接種にせよ、休暇時に2回分の接種予約ができるような方法の実現を国… 続きはログインしてください。

残り:579文字/全文:779文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む