印刷 2021年06月10日デイリー版3面

大阪港、輸入コンテナ復調目立つ、1―4月 6%超プラス

 【関西】大阪港の輸入コンテナの取り扱いが復調している。かねて同港は輸入が主体で、2020年の輸入コンテナ取扱量(空コンテナ込み)がコロナ禍で前年比4%近い減少となったが、他の国内主要港に比べると影響は軽微にとどまった。21年1―4月は前年同時期の輸入貨物量が激しく変動していたこともあるが、実入りコンテナの取り扱いが堅調で6%超のプラスとなった。大阪港湾局のまとめでは、1―4月累計の輸入コン… 続きはログインしてください。

残り:418文字/全文:613文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む