MOLwebinar0702
 印刷 2021年06月09日デイリー版1面

内航船、鋼材輸送 フル稼働。半導体不足、影響軽微か。自動車向け回復

 自動車や建設需要の高まりを追い風に内航鋼材船の荷動きが堅調に推移している。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で輸送量が大きく落ち込んだが、昨秋以降に回復。足元はコロナ禍前の2019年の輸送水準までは復調していないものの、スポット船腹の調整が進んだこともあり、鋼材輸送船社の支配船はフル稼働が続く。今後の懸念材料として、世界的な半導体不足に伴う自動車減産が見込まれるが、内航関係者からは「今のとこ… 続きはログインしてください。

残り:780文字/全文:980文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む