MOLwebinar0702
 印刷 2021年06月08日デイリー版1面

日本政府、EU排出権取引に危機感。反対意見書を提出

 日本政府は4日、EU(欧州連合)に対し、「EU域内排出量取引制度」(EU―ETS)の対象を国際海運に拡大することに反対する意見書を提出した。EU域内の独自規制ではなく、IMO(国際海事機関)を通じた国際的な統一規制の必要性を強調。EUの行政府である欧州委員会(EC)は7月までに国際海運版EU―ETSの具体的内容を公表する予定で、国土交通省海事局関係者は「待ったなしの状況」と危機感を口にする。… 続きはログインしてください。

残り:646文字/全文:836文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む