MOLwebinar0702
 印刷 2021年06月08日デイリー版1面

海運トップに聞く21年度の舵取り】(4)川崎汽船社長・明珍幸一氏、自営事業強化 経常益500億円へ

 ――前期は純利益1000億円超で過去最高を更新するなど記録的な数字となった。「前期を総括すれば、良くも悪くもコロナ感染の影響を大きく受けた年だった。ドライバルクや自動車船が一時的な経済活動停滞により苦戦して損失を出した一方、コンテナ船は巣ごもり需要などで需給はタイトに推移し、好況を享受。コンテナ船事業統合会社オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)の業績を大きく押し上げた」 ――今… 続きはログインしてください。

残り:2153文字/全文:2346文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む