MOLwebinar0702
 印刷 2021年06月07日デイリー版2面

日鉄物流、21年3月期、経常益16%増54億円。出荷減での係船でコスト抑制

 日鉄物流が4日公表した2021年3月期連結業績は、経常利益が54億円と前の期と比べ16%増加した。新型コロナウイルスの影響で鋼材の国内出荷は減少したが、その対応として一時期、係船など需要に見合った配船を行い、コストを抑制。営業関係費用なども減少したことで増益となった。売上高は鋼材国内出荷減で18%減の2173億円。純利益は0・4%増の35億円だった。同社は日本製鉄の物流子会社で、内航… 続きはログインしてください。

残り:210文字/全文:404文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む