MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年06月07日デイリー版2面

国内船主の今】(269)2番手では駄目ですか。売却益が招く、税金対策のわな

 「またぞろ、高レートでの定期用船を打診してくる欧州やアジア系の新興オペレーター(運航船社)が出てきた」 3日午後、海運ブローカーが電話取材に応じた。■高レートを打診 空前の高騰が続く中型バルカー市況。3日時点ではウルトラマックスのスポット用船料が日建て2万7000ドル、スモールハンディが同2万4000ドル。平均的な両船型の採算ラインを2―2・5倍上回る。同ブローカーが続ける。… 続きはログインしてください。

残り:1601文字/全文:1789文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む