MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年06月04日デイリー版4面

記者の視点/柏井あづみ】近海貨物船の需給逼迫。求められる運賃改善・条件緩和

 近海貨物船マーケットで十数年ぶりの需給逼迫(ひっぱく)が続いている。昨秋の南シナ海の悪天候をきっかけにタイト感が漂い始め、コロナ禍による船員交代難航も相まって船腹稼働率が低下。荷動き面では今年に入りアジアの鋼材需要が急回復し、コンテナ不足に伴う小口貨物の近海船へのシフトも重なった。往航(極東―東南アジア)のスポット用船レート(1万2000重量トン級)は昨夏の5000ドル台の底値から、… 続きはログインしてください。

残り:1185文字/全文:1373文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む