MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年06月02日デイリー版4面

記者の視点/佐々木マヤ】21年度の航空貨物市場、需給緩和に備えた交渉必要に

 航空貨物市場の需給逼迫(ひっぱく)は今年度、幾分か緩和される見通しだ。同市場は現在、世界経済の回復を背景に需要が堅調に推移する一方、足元では新型コロナウイルス禍の影響に伴う国際旅客便の減便により、供給力不足が続いている。その現況だけを見れば、需給逼迫の緩和には程遠いようにも思える。◆ それでも需給が緩むとの見方には、2つの要因がある。1つは「船落ち」の減少だ。航空貨物は日本発を中… 続きはログインしてください。

残り:1017文字/全文:1207文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む