MOLwebinar0702
 印刷 2021年05月27日デイリー版4面

記者の視点/梶原幸絵】コンテナ船市場の混乱、荷主と船社で協業を

 アジア発北米向けの荷動きの勢いが止まらない。日本海事センターによると、4月のアジア18カ国・地域発米国向け往航(北米東航)のコンテナ輸送量は前年同月比29%増の171・8万TEUとなり、4月単月の過去最多を更新した。3月実績も、88%増の191・1万TEUと同月として過去最多を記録。昨年3月は新型コロナウイルス禍の影響を大きく受け、101・9万TEUまで落ち込んだ反動増が大きいとはいえ、未曽有の… 続きはログインしてください。

残り:916文字/全文:1114文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む