印刷 2021年05月24日デイリー版2面

ノルウェー海事局、水素ウェビナー、次世代燃料の実証事業紹介

 水素エネルギーの使用で環境上のメリット促進を目指すノルウェーハイドロゲンフォーラム(NHF)と駐日ノルウェー大使館は20日、「2021日本・ノルウェー 水素ウェビナー」を開催した。同国海事局のグリーンシッピング担当のコルビチェルン・ヘルグ氏は、国内での次世代燃料の実証事業などを紹介。水素燃料船は1隻が就航、今後2隻の竣工を控え、アンモニア燃料船は2024年ごろの竣工を予定する。バッテリー推進船は… 続きはログインしてください。

残り:457文字/全文:655文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む