MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年05月17日デイリー版2面

MariTech 海事未来図】日本郵船、ディーゼル主機関、CBM研究成果、NK指針に採用

 日本郵船は14日、同社グループのMTIなどと進めるディーゼルエンジン主機関の状態基準保全(CBM)の実現に向けた共同研究の成果が、日本海事協会(NK)が発行した「CBMガイドライン(第2版)」に採用されたと発表した。将来的には、機関プラントの最適運用に向けて、AI(人工知能)が状態を常時監視し、自らがメンテナンス時期を判断する自律型の次世代CBMに発展させる考えだ。郵船とMTIは2019年… 続きはログインしてください。

残り:251文字/全文:440文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む